消費者戦略のスペシャリスト

お客様に魅力を伝える分析力・購入やリピートに結びつける提案

Tel:03-5475-3600【受付】8:30~16:00(金土日祝休み)お問い合わせはこちらから どうぞお気軽に

消費者モニター情報を活用した、新商品紹介サービスの提供

データの内容

❧消費者モニターのデータベース(約1000名の精度の高い世帯情報)

❧関東圏の女性をキーパーソンにした世帯モニター制

メールでの2wayコンタクトが可能なモニターをZohoで管理

活用方法&活用メリット
調査パネルから、潜在顧客リストを抽出して、生活者目線の新商品情報をメールで配信します。
商品提供元メーカーWebサイトにジャンプする仕組みを作り、モニターを通じて購入意向者を募ります。
感度の高いモニターは実態のある消費者としてメーカーの新商品の購入を行い、リアルに評価します。
調査パネルの「生」情報を活用することで、当該商品に最適な商品情報を送ることができます。
モニター自身が関心の高い情報にアクセスするため、近親者に向けて能動的な波及効果が期待できます。
メーカーや販売店がアフィリエイトの仕組みを提供している場合は、その活用も検討します。
自由回答を多用した情報を電子化(Web化)し、コミュニケーションツールの配信から提供情報(特に文字情報)の集計までを一連で行えるよう仕組みを整えています。
調査パネルから、潜在顧客リストを抽出して、生活者目線の新商品情報をメールで配信します。

企画提案事例

商品コンセプト作成

事例1
データから商品コンセプト作成

調味料領域の課題データから商品コンセプトの方向性を導く

消費者ニーズの把握

事例2
消費者ニーズの把握

工場・生産ラインの視点から発想すると、消費者ニーズから離れてしまうという危惧がある

アイディアのブラッシュアップ

事例3
アイディアのブラッシュアップ

手元の商品アイディアを、より現実的なものにブラッシュアップしたい

商品コンセプト開発

事例4
消費者視点のコンセプト開発

消費者の視点を重視して、商品コンセプトの開発に取り組みたい

)HPデータの集計・分析

事例5
消費者ターゲット分析

お手元のHP収集データとオープンデータや当社モニターデータによるターゲット分析

店頭ポジショニング明確

事例6
店頭ポジショニング明確化

新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

ネーミング開発

事例7
ネーミング開発

商品特長をアピールできるネーミングやコミュニケーションワードを開発したい

↑ PAGE TOP