消費者戦略のスペシャリスト

お客様に魅力を伝える分析力・購入やリピートに結びつける提案

Tel:03-5475-3600 【受付】8:30~17:00(土日祝休み) お問い合わせはこちらから どうぞお気軽に

マーケティング資産活用によるプロモーション支援活動

当社モニター組織は企画提案活動を目的としています。
「認知を誘発して購買行動は任意」とする実売行動に近いモニタリングを通じた定量と定性、双方のシミュレーションを行う情報活動です。広告やインタビュー調査の代替として有効な活動です。

>>化粧品による新顧客獲得施策の提案例(PDF)

>>乳酸菌飲料のコミュニケーションに関する考え方の提案例(PDF)

販売促進支援業務

効果的な消費者向けコミュニケーションのためにスタッフやオピニオンモニターが店頭やキャンペーンをチェックして、お客様がどう感じるかをお知らせします。(プラス点もマイナス点も明らかにします)

営業支援業務

消費者の声(調査データ)を生かした流通(企業)・バイヤー向けPR活動サポート
検索エンジンの進化により、質のよいオープンデータが入手しやすくなりました。バイヤーの心に留まる利用しやすい資料を作成できます

店頭活性支援業務

商品導入に応じた消費者と店頭を結ぶ活動のサポート

例えば、高感度モニターによる情報収集&アクティブプランで打開策が打てる、 限られた予算で行うモニタリング。打てる手立て全てを提案

企画提案事例

商品コンセプト作成

事例1
データから商品コンセプト作成

調味料領域の課題データから商品コンセプトの方向性を導く

消費者ニーズの把握

事例2
消費者ニーズの把握

工場・生産ラインの視点から発想すると、消費者ニーズから離れてしまうという危惧がある

アイディアのブラッシュアップ

事例3
アイディアのブラッシュアップ

手元の商品アイディアを、より現実的なものにブラッシュアップしたい

商品コンセプト開発

事例4
消費者視点のコンセプト開発

消費者の視点を重視して、商品コンセプトの開発に取り組みたい

)HPデータの集計・分析

事例5
消費者ターゲット分析

お手元のHP収集データとオープンデータや当社モニターデータによるターゲット分析

店頭ポジショニング明確

事例6
店頭ポジショニング明確化

新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

ネーミング開発

事例7
ネーミング開発

商品特長をアピールできるネーミングやコミュニケーションワードを開発したい

↑ PAGE TOP