消費者戦略のスペシャリスト

お客様に魅力を伝える分析力・購入やリピートに結びつける提案

Tel:03-5475-3600 【受付】8:30~17:00(土日祝休み) お問い合わせはこちらから どうぞお気軽に

消費者戦略に関わる提案活動を専門に行う企画会社です

ウィズの企画→3つの取り組み

❧その1)商品開発・商品リニューアルなど、商品廻りに関する課題に取り組みます。

❧その2)商品投入後のコミュニケーション戦略に取り組みます。

❧その3)3年、5年、10年後の消費環境予測に取り組みます。

ご提案する企画業務の特長  もっと詳しく

①消費者視点に基づく既存資料を活用した耐久力のある資料づくり
②これまでに収集した有効情報から商品展開のための新たな視点・切り口を見出す

■提案例1:飲料のケース

選択意識の本質をとられた消費者情報から方向性を提案する(PDF) >>>

企画力重視の活動のテーマ もっと詳しく

①消費者現場からみた御社商品領域に関する有効情報開発
②既存ブランド、既存製品のリポジショニング、商品リニューアル等の提案活動
③商品案の開発

■提案例1:家庭用品のケース

さらなる改良を加えるため消費現場のリアル情報を活かす活動(PDF) >>>

消費者マインドからの発想 もっと詳しく

消費者を「ターゲット」として捉えていませんか? 自己診断で発想を転換

■提案例1:化粧品のケース

化粧品「新商 品の実売を確保する」活動例を見てみましょう(PDF)>>>

企画提案事例

商品コンセプト作成

事例1
データから商品コンセプト作成

調味料領域の課題データから商品コンセプトの方向性を導く

消費者ニーズの把握

事例2
消費者ニーズの把握

工場・生産ラインの視点から発想すると、消費者ニーズから離れてしまうという危惧がある

アイディアのブラッシュアップ

事例3
アイディアのブラッシュアップ

手元の商品アイディアを、より現実的なものにブラッシュアップしたい

商品コンセプト開発

事例4
消費者視点のコンセプト開発

消費者の視点を重視して、商品コンセプトの開発に取り組みたい

)HPデータの集計・分析

事例5
消費者ターゲット分析

お手元のHP収集データとオープンデータや当社モニターデータによるターゲット分析

店頭ポジショニング明確

事例6
店頭ポジショニング明確化

新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

ネーミング開発

事例7
ネーミング開発

商品特長をアピールできるネーミングやコミュニケーションワードを開発したい

↑ PAGE TOP