消費者戦略のスペシャリスト

お客様に魅力を伝える分析力・購入やリピートに結びつける提案

Tel:03-5475-3600 【受付】8:30~17:00(土日祝休み) お問い合わせはこちらから どうぞお気軽に

企画力重視の活動

当社が得意とする企画力重視の活動についてご紹介します

(1)消費者現場からみた御社商品領域に関する有効情報開発

消費者環境周辺情報収集に基づく中長期展望業務
◆既存資料の分析
◆仮説立案
◆定性的消費者情報の収集とともに行う仮説検証

確実性のある予測・提案 詳しく見る
 ⇒ Webデータ等をお預かりし、
   できる限りの考察と方向性ご提案(仮説)
 ⇒ 必要に応じ補完すべき情報のご提案
 ⇒ 重視すべき消費者意識・実情に伴う要素・視点を明確にします

(2)既存ブランド、既存製品のりポジショニング、商品リニューアルに関する提案活動

消費者の視点からみた商品ポジショニング活動
◆商品現品および商品関連資料に基づく企画業務

耐久性のある考察・提案 詳しく見る
 ⇒ 消費者実情ニーズに対し、商品が過密または薄い分野と
   背景を消費現場から明らかにします
 ⇒ 今後の開発の方向性、コミュニケーションコンセプト
   立案の基礎情報として活用できるように提案書を作成します

(3)商品案の開発

消費者オリエンテッドによる商品の広がり仮説
◆プランナーによる商品Idea(絞り込みすぎない)
◆オピニオン消費者による検証

消費現場の視点を重視 詳しく見る
 ⇒ 裏付けを明確に仮説したアイディアワーク
 ⇒ 企画の視点から選抜したオピニオン消費者(ex.5~10名)
   による検証を通じて、企画案をブラッシュアップ
 ◆事例1(化粧品のケース)
バラエティコスメのためのライセンス抽出活動
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
(クリックで拡大)
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
(クリックで拡大)
ブランドリスト 
A.ブランドそのものに人気がある、ロイヤリティの高いブランド(5点)
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
(クリックで拡大)
ブランドリスト 
B.VS店頭のイメージにあう個性的なブランドまたは感度が期待できるブランド
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
(クリックで拡大)
ブランドリスト 
C.ナチュラルスタイルのアンチブランド派の人でも抵抗なく取込めるブランド
バラエティショ ップチャネル向けコスメブランドの考え方
(クリックで拡大)
ブランドリスト 
D.ブランドそのものから具体的なコスメとしてのコンセプトがイメージできるブランド

 抽出ブランドのイメージビジュアル資料
A1:ラルフローレン(RALPH LAUREN)
(クリックで拡大)
A1:ラルフローレン(RALPH LAUREN)
A2:ダナ・キャラン・ニューヨーク(DKNY)
(クリックで拡大)
A2:ダナ・キャラン・ニューヨーク(DKNY)
A3:カルバン・クライン(CK)
(クリックで拡大)
A3:カルバン・クライン(CK)
A4:ゲス(GUESS)
(クリックで拡大)
A4:ゲス(GUESS)
B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)
B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B2:アン・クライン(ANNE KLEIN)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B3:アルファキュービック(ALPHA CUBIC)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B4:モスキーノ(MOSCHINO)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B5:ナラカミーチェ(nara CAMIECE)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B6:カルテル バ ジャック(Jean-Charles de Castebajac)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B7:クーカイ(KOOKA I)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B8:フォリフォリ(Folli Follie)

B1:ジュンコ・シマダ(49AV JUNKO SHIMADA)
(クリックで拡大)

B9:カルロス ファルチ(Carlos Fralchi)

当社がご提案する企画業務の特長はこちら(PDF)>>>

 

企画提案事例

商品コンセプト作成

事例1
データから商品コンセプト作成

調味料領域の課題データから商品コンセプトの方向性を導く

消費者ニーズの把握

事例2
消費者ニーズの把握

工場・生産ラインの視点から発想すると、消費者ニーズから離れてしまうという危惧がある

アイディアのブラッシュアップ

事例3
アイディアのブラッシュアップ

手元の商品アイディアを、より現実的なものにブラッシュアップしたい

商品コンセプト開発

事例4
消費者視点のコンセプト開発

消費者の視点を重視して、商品コンセプトの開発に取り組みたい

)HPデータの集計・分析

事例5
消費者ターゲット分析

お手元のHP収集データとオープンデータや当社モニターデータによるターゲット分析

店頭ポジショニング明確

事例6
店頭ポジショニング明確化

新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

ネーミング開発

事例7
ネーミング開発

商品特長をアピールできるネーミングやコミュニケーションワードを開発したい

↑ PAGE TOP