消費者戦略のスペシャリスト

お客様に魅力を伝える分析力・購入やリピートに結びつける提案

Tel:03-5475-3600 【受付】8:30~17:00(土日祝休み) お問い合わせはこちらから どうぞお気軽に

ご提案事例6:店頭ポジショニング明確化

新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

■ご提案内容

  • セルに結びつく ポジショニング立案
  • 取材に基づく確かな分析
  • ■事例1(化粧品☓バラエティショップ)

  • 流通に対する取材をもとに商品開発の方向性を考えるものです。「化粧品ブランド開発」のワンステップとして、店頭リサーチに基づく分析をしています

  • バラエティショップにおけるコスメタリー商品の位置付け
    (クリックで拡大)
    Ⅰ.バラエティショップにおけるコスメタリー商品の位置付け(取材店情報)
    コスメタリー商品導入実状(取材店情報)
    (クリックで拡大)
    Ⅱ.コスメタリー商品導入実状(取材店情報)
    ショップ別注目ブランド分析(取材店情報)
    (クリックで拡大)
    Ⅲ.ショップ別注目ブランド分析(取材店情報)
    取扱ライン傾向で見るバラエティショップ(店頭ブランドチェック対象店情報)
    (クリックで拡大)
    Ⅳ.取扱ライン傾向で見るバラエティショップ(店頭ブランドチェック対象店情報)
    VS店舗から考えるコスメタリーコンセプトの可能性
    (クリックで拡大)
    ■VS店舗から考えるコスメタリーコンセプトの可能性

    ■キャッチコピー変更提案

    ■店頭アイキャッチアイテムの提案

    <予算>
    ・ヒアリング交渉
    ・プランナーによる競合環境・店頭チェック
    ・レポーティング
    上記 10店舗 75万円~
    ※必要に応じ、20名程度の消費者調査を盛込みます(予算別途)

    ■事例2(化粧品ブランド開発)

  • チェネル研究から消費者の関心内容をリサーチ。
    費用対効果の視点からNEWブランドコンセプト案を作成し、消費者受容性調査を行います。
  • バラエティチャネル向けブランド開発活動リーダーモデル調査結果に基づくブランドの方向性

    バラエティブランドに対する関心度一覧
    (クリックで拡大)
    バラエティブランドに対する関心度一覧
    NEWブランドコンセプトに対する受容性
    (クリックで拡大)

    NEWブランドコンセプトに対する受容性

    NEWブランドコンセプトに対する受容性
    (クリックで拡大)
    既存ブランド関心内容およびNEWブランドコンセプト受容性からみた消費者のコスメニーズ KEY WORD
    VSブランドに求められる要素と位置づけ
    (クリックで拡大)
    VSブランドに求められる要素と位置づけ

    次の事例へ>>

    ■ご予算に応じて

    お客様のご予算に合わせて、調査計画とアウトプットを考えます。
    ご予算5万円以下でも、対策の提案までご提供いたします(要打ち合わせ)

    ■お気軽にご相談ください! (相談フリー)

    ・資料(A4サイズ1~2枚、2000文字程度)ご用意いただき、下記いずれかの方法でご連絡下さい

    電話 03-5475-3600 (8:30~17:00)
    FAX 03-5475-3610 (24時間)
    メール メール (24時間)
    フォーム お問い合わせフォーム (24時間)
    スカイプ スカイプ[skype名] (8:30~17:00)
    郵送 〒150-0013 
    東京都渋谷区恵比寿4-1-22  恵比寿ネオナートアネックス2F

    << 前のページに戻る

    企画提案事例

    商品コンセプト作成

    事例1
    データから商品コンセプト作成

    調味料領域の課題データから商品コンセプトの方向性を導く

    消費者ニーズの把握

    事例2
    消費者ニーズの把握

    工場・生産ラインの視点から発想すると、消費者ニーズから離れてしまうという危惧がある

    アイディアのブラッシュアップ

    事例3
    アイディアのブラッシュアップ

    手元の商品アイディアを、より現実的なものにブラッシュアップしたい

    商品コンセプト開発

    事例4
    消費者視点のコンセプト開発

    消費者の視点を重視して、商品コンセプトの開発に取り組みたい

    )HPデータの集計・分析

    事例5
    消費者ターゲット分析

    お手元のHP収集データとオープンデータや当社モニターデータによるターゲット分析

    店頭ポジショニング明確

    事例6
    店頭ポジショニング明確化

    新商品導入にあたり、店頭における有効なポジショニングを明らかにしたい

    ネーミング開発

    事例7
    ネーミング開発

    商品特長をアピールできるネーミングやコミュニケーションワードを開発したい

    ↑ PAGE TOP